癌と戦う人のための「郭林気功」宝塚、あなたの力になりましょう・・・

癌と闘う人のための「郭林気功宝塚」
ボーダー
郭林気功(郭林新気功)を始める前に
三心樹立!

まず、はじめに「三心」を樹立します。
「三心」とは「自信、決意、根気」を指します。 慢性病と癌患者は最初にこの「自信、決意、根気」を打ち立てることが重要です。 郭林気功治療法により、「必ずや病を克服し、自分の健康を取り戻せる」と自信を持ってください。 他の癌患者も色々な難関を乗り越えて、楽しそうに暮らしていますが、あなたもやってみましょう。 悲観的な心理を捨て、辛抱強く練功してみてください。 癌を完治させることができる可能性があります。 自信を持って決意し、いくら挫折しても意志を曲げないで、癌と闘う精神で、楽しく健康的な気持ちで、生き生きとした「練功隊列」に参加してください。 「自信、決意、根気」「三心」を持って練功状態に入れば、治療効果も速く現われます。

功法とやり方を学び、患者自身の努力により、体内の気を導引させて、陰陽調和し、経絡を疎通させて、気功で病気を治すことができます。 「自信、決意」を強く持ち、辛抱強く練功すれば治療効果がますます上がります。 それに対して「自信が無く、決意が弱く、三日坊主」で練功したならば、治療効果はまったく上がらないでしょう。 良い薬と注射、一流の医者と看護でも、命を取り留めることは困難です。 お金がたくさんあっても、恵まれた条件と環境であっても、冥土へ旅立つのを少し遅らせるに過ぎません。 肝心なのは、「自分自身が自信を持つこと」ができるかどうかなのです。

三心樹立


功法と練功メニューの選択!

次に「功法と練功メニュー」を選択します。

癌患者の場合

郭林気功の治療法は実に陰陽調和で病気を治すことです。 治療過程は三つに分けて、緊急措置では約3ヶ月、治療効果の強固も3ヶ月、健康回復と医療保健は3年か5年もっと長い時間かかるかもしれません。 とにかく息さえあれば練功することを決して忘れないでください。 末期癌患者の場合には「中度風呼吸法自然行功、中度快功、風呼吸法定歩功、吐音功、昇降開合松静功」の功法を適用するのが最適です。 中期癌患者の場合は 「中度風呼吸法自然行功、中度快功、風呼吸法定歩功、吐音功、昇降開合松静功」のほかに「一歩、二歩、三歩中度風呼吸法行功」をも練習するべきです。 治療効果を強固する段階では、癌の転移と拡散を防ぐために「中度風呼吸法自然行功、吐音功、湧泉穴按摩、脚棍功」の功法を練習するとよいでしょう。 健康回復の段階では、気を支える養生を主として、「慢歩行功、手棍功(松揉小棍功)、頭部按摩」の功法を練習するとよいでしょう。

慢性病患者の場合

高血圧と冠状動脈、心臓病の患者は「松静站立予備功と収功、昇降開合松静功、 慢歩行功」を主として、「手棍功、頭部按摩」などの功法を練習すればよいです。 肝炎、肺炎、腎臓炎、腸炎、気管炎、関節炎などの慢性炎症の患者は「風呼吸法自然行功、一歩、二歩、三歩行功」を練習したほうがよいでしょう。 風邪で引いた熱がある患者は「一歩、二歩、三歩行功と手棍功」が適しています。 慢性胃腸病の患者は「風呼吸法 、一歩、二歩、三歩行功 、手棍功、慢歩行功、自然呼吸法」を学んだほうが治療できます。 神経衰弱と頭痛不眠症の患者は「自然行功、慢歩行功、頭部、湧泉穴按摩、脚棍功」を適用するよよいでしょう。 月経不調と腹痛の患者は「自然行功、慢歩行功、腎盂慢式定歩功 、頭部、湧泉穴按摩、脚棍功」を練習した方がよいでしょう。 眼病の患者は「頭部按摩」、肺結核の患者は「風呼吸法、一歩、二歩、三歩行功、手棍功、湧泉穴按摩」の功法を練習で効果が出ます。


郭林気功の要訣(円、軟、遠)!

どの功法においても「円、軟、遠」を注意すべきで、郭林気功の中ではこの3点が最も重要なポイントとなっています。 特に「慢歩行功」をやる時には、必ずこの3点を自覚しながら練功します。 というのは練功の時、体と肢体の動きが円形にすること」で、半円、弧円、半弧円を含めて、気血、経絡、脈絡の流れのために肢体の各関節が硬直ではなく、少し曲げることです。というのは首、体と肢体が必ずリラックスすること」です。練功の時、堅くては駄目で柔軟さが要求されます。しかし、柔らかいのはだらけることではなく、ダンスの柔らかさでもなく、ある程度の剛を持つ柔らかさです。というのは軽く目を閉じ、上下に斜視せず、水平に正面を見て練功すること」です。よそ見をして、わきめも振ると頭痛が感じられます。初めて学ぶ人は丹田に気を取らないで、出来ればずっと目を閉じて、リラックスして練功してください。この方が初心者の方には効果的でしょう。

初心者は要訣を知らずに硬直しやすいですが、出来る人でも要訣を忘れて、予備功の要領をも覚えていないで油断して練功すれば、転倒することがあります。10年練功したベテランでも注意しないと、資格、練功履歴、功法にもかかわらず治療効果は逆にダウンして、持病も再発しやすいです。意念が強すぎて、功法と呼吸導引など間違って、リラックスしないで練功するのはラジオ体操と同じで、治療効果もありません。

郭林気功の主な内容と特徴

郭林気功治療法は意念導引、呼吸導引、趨勢導引、吐音導引と按摩導引を含めます。 主な功法は「中度風呼吸法自然行功 、中度風呼吸法快功、風呼吸法定歩功、吐音功、昇降開合松静功、吐音功、湧泉穴按摩、脚棍功、手棍功、頭部・湧泉穴按摩、慢歩行功」などの基本功があり、次の6つの特徴があります。

1.郭林気功が癌と多くの疾病に治療効果があると20年来の臨床実践で証明されました。
練功の目的は病気治療ですが、郭林気功では癌が治った時、他の病気をも完治させています。特に体の中の失調した陰陽バランスを郭林気功は調節しますので、長年引きずっていた持病をも一緒に治してしまう事例が多く見受けられます。

2.自分自身で治療できます。
気功治療の根本は、自分自身の練功を通して自身の病気を治癒させることです。 「内部の素因は根拠、外部の素因は条件」と言われる世間物事の発展変化の法則があり、外部の素因は内部の素因を通して変化させます。内部の素因を呼び起こし、体中に存在する一切のものを積極的に利用して、治療効果の目的を達します。練功すれば、その気功の恩恵にあやかることができます。

3.郭林気功は弁証治療を強調する。
完全に同じ病気を罹っているケースは殆どありません。人によって病状は違いますから、それぞれ病状によって功法も違うわけです。功法は別に神秘的なものではなく弁証的なもので、練功者は自分自身を調和する方法と原理を掌握できるはずです。

4.郭林気功は動、静を兼ねる功法です。
中国古代では気功は「導引行気」と呼ばれていました。肢体運動の導引、即ち動功もありますし、息を調整したり吐き出す行気や意念導引の静功もあります。 郭林気功は動功と静功の分立はなく、どちらかというと古い功法に近いです。特に「華陀の五戯と馬王堆」から導かれた導引図と静功の優れた所を上手く吸収し、郭林先生の練功経験と組み合わせ、動静を結合統一し創立されました。 「揺り動かせば谷気(飲食による精気)が消え、血脈が流れ、病が入る隙はない!、導引というのは腰、肢体を緩めて、各関節を動かし、長生きを求めるもの!」と三国志に登場することで有名な名医「華陀」により書き残されています。 静かに息を調整する静功は、大脳と神経中枢を充分休憩させ、神経の失調と乱れを調整し、癌の予防と治療に大変役立ちます。 郭林気功は動功と静功を上手く組み合わせ「行功」を作りあげました。この豊かな「気功理論」は足を上げる動作と、手を振る動作から成り立っています。

5.郭林気功は癌治療の有効的な手段です。
中国では、「気功により癌を完治させたのは郭林気功が始めてだ!」という癌治療臨床実践報告があります。癌治療には漢方と西洋医を上手く利用し、これに気功治療を組み込むことが大切で、この組み合わせにより最大限の治療効果を得ることができるでしょう。練功者の内気は「意念導引、呼吸導引、趨勢導引」を通して、大脳中枢神経を調整し、癌細胞を正常細胞へと転換、促進させるのです。

6.郭林気功は簡単で学びやすい。
普通、気功を学ぶにあたり、その効果を急いで求めるために、意念を強くし、「深呼吸、複式呼吸、霊胎呼吸」を追求します。そのため、頭痛やめまい、動悸、呼吸困難などという偏差が起りやすくなります。偏差が起ると、病気も治らないし、新たな障害を引き起こす恐れもあります。郭林気功は科学的な方法に基づき練功を行い、自身の状態を把握、考慮して身体に相応しい功法を採用しますので、偏差の心配は殆どありません。


郭林気功における日常生活(衣、食、住、行)!

「郭林気功」により治療効果を高め、健康を取り戻すために、次の事柄に注意しましょう!

1.衣服
衣服は軽くて柔らかく、ゆったりしたものがよいでしょう!、特に女性の方は、外見を追い求めスタイルが良く見えるようにと、「腰をきつく締め付ける」ような衣服がよく見受けられますが、このような服装は、気血の流れに滞りを生じさせ、経絡の疎通の妨げになりますので注意が必要です。 また、季節の変わり目には、衣服の増減が可能なものを利用し、温度調節をうまく行いましょう!、特に冬季は絶対に体を冷やさないように軽くて保温性の高い衣服を着用しましょう!、 練功時は、ベルト、襟のボタン、袖口は緩め、腕時計は外します。靴は底が平らで柔らかいものを履きます。裏底の堅いハイヒールなどは練功に向いていません。

2.食事
唐辛子など刺激の強いものは避けましょう!、また、ネギやニンニクなどは、よく火を通していただきましょう! 「タバコやお酒」は厳禁です。 早朝の練功時は、何も食べないか、食べても小量にしておきます。練功後は、最低30分あけてから食事を取るようにします。

3.住居
部屋の窓は、できるだけ開放し新鮮な空気を常に取り入れるように心がけます。 「観葉植物」などは、新鮮な空気を補うために有効ですし、心を和ませてくれますので、室内に置かれることをお勧めします。

4.七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)
中医学(中国伝統医学)では「怒・喜・思・憂・悲・恐・驚」などの情緒変化を『七情(しちじょう)』と呼んでいます。もちろんこれらは人間が人間らしく生きるためには必要不可欠なものではありますが、これらの精神的刺激が強すぎたり、長期間続くと「気」の活動に影響を与え、病気を治しにくくします。感情変化が「気」「臓腑」に与える影響は大きく、中でも心・肝・脾(胃腸)に与える影響は顕著です。
健康な状態を「元気」、そうでない状態を「病気」というように、「気」と健康状態とは密接な関係があります。「気」はエネルギーであり、体内での情報伝達物質でもあります。内臓や組織の動きがスムーズに行えるかどうかは、この「気」の状態に依存しています。『病は気から』という言葉はここからきています。孔子の『過ぎたるは猶及ばざる如し』の言葉に学び、治療効果を高めるため、毎日を心穏やかに過ごしましょう!、 そして、日常生活の中では「思想、意識、道徳」の修行につとめ、いつも他人に対して「善」をなし、人を助けることを楽しみとし、絶対に他人の利益を損ねる行為や利己的な行動は慎まなければなりません。

5.練功場所
早朝の練功は、広々として空気のよいところを選びます。 最もよい場所は、「水と木」のあるところで、平らなところを選んで練功します。 つまづいたり、ころんだりして思わぬケガを防ぐために、凹凸のあるところは避けましょう!


咽津の作用!

各種練功を続けていると、口の中の唾液がしだいに増えてきますが、この唾液はとても大切なものなので、吐いて捨ててしまわないでください。 また、これを歩きながら飲み込むと、むせたり、咳が出やすくなりますので、各収功のときに飲み込むようにします。 収功のとき、まず松静站立を行い、その後に唾液を三回に分けて小口でゆっくり飲み下します。 同時に唾液が、喉、胃を通って「中丹田(気海穴)」に至るまでの感覚をできるだけしっかりと体験することが大切です。

世界で最も古いとされている医学書「黄帝内経」の中では、「津液は百脈を開通し、血液の始めとなり、顔色は金玉のような光沢を生じ、歯はしっかりとして、髪は黒くして白きを知らず」と説かれています。

また、日本の西岡教授は、実験の結果「口腔内の唾液は一つの防癌線である」ことを発見しています。唾液に含まれる各種の酵素の中でも、とりわけ15種類の重要な酵素が含まれていると報告しています。 唾液中には、各種酵素の他にも、ビタミン、ホルモン、無機塩、蛋白質などが含まれております。ビタミンEには人体の老化を防止する作用があり、また、ホルモンには人体の機能を調節する作用があります。 まさに、これらの酵素、ホルモン、ビタミン類が気功練功者の免疫力を高め、消化吸収を促進し、顔色を紅潤にし、精力を充実、盛んにさせるのです。


補潟の原則!

練功中は、必ず病状に基づいて「補潟の原則」を掌握するように注意しなければなりません。すなわち、「実すれば潟」「虚すれば補」というのが基本原則となり、具体的には次のように適用されます。

1.呼吸
先に吸って後で吐く」のが「潟」、「先に吐いて後で吸う」のが「補」となります。

2.按摩
経絡走行に逆らって摩る」のが「潟」、「経絡走行に従って摩る」のが「補」となります。

3.練功中の手心(掌)の方向
手心が下(地面)に向く」のが「潟」、「手心が上(天)に向く」のが「補」となります。

注意:癌患者は、救急段階において補法を用いてはならず、必ず潟法を用いなければなりません!


練功時の体の向き!

「郭林気功」陰陽五行説に基づいて体系化されていますので、予備功、収功、昇降開合、手棍功、脚棍功、定歩功の練功時には、対面する体の方向をそれぞれの病巣の部位により、以下のように対応しています。

1.東向き
肝臓、胆嚢、眼

2.南向き
心臓、小腸、舌、心臓血管系統

3.西向き
肺、直腸、結腸、皮膚、鼻、呼吸系統

4.北向き
腎臓、脳、膀胱、骨、乳腺、泌尿、生殖、血液、リンパ、内分泌系

5.東北向き
脾臓、胃、食道

※その他の部位は、北方向に対面して練功を行ってください。


郭林気功で利用する主な径穴!

各経穴位置、経絡については下図および「手技療法(推拿)」の経絡図を参考にしてください。

注意郭林気功での「中丹田」とは「気海穴」のことを指し示し、一般にいう「下丹田」と同じ位置になります。そして、郭林気功での「下丹田」とは「会陰」を指し示しますので注意してください。

郭林気功

郭林気功

  このページのトップへ